【ブログ】Google AdSenseの審査通過(Luxeritasの審査コード位置)

2019年1月27日ブログ, PC&ITGoogleSearchConsole, GoogleAdSense, GoogleAnalytics, コード, 自動広告

ついにGoogle Adsenseの審査が通りました。

審査にかかった期間

申し込みをしたのが4月14日、審査結果メールが来たのは5月6日でした。

審査コードをサイトに貼り付けてそれから審査が通るまで約3週間

Adsenseサイトに

「審査には通常1日程度かかりますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。」

とだけ表示されていました。

2、3日経っても何も進捗が無いので、ちゃんと有効化されているのかなど不安になりました。

ちなみにアマゾンアソシエイトと同時に申し込み、アマゾンさんからは2時間後にすぐ合格通知を頂きました。

Googleさんは少し時間がかかるみたいですね。

Google AdSense&Amazonアソシエイトの審査のためにしたこと

  • 審査コードが正しく張れているかチェック
  • プライバシーポリシーの追加
  • お問い合わせフォームの設置

1,2週間経ってもGoogle Adsenseの審査結果がこないので、ちょうど忘れたころにメールが来た感じです。

記事も内容が無いものばかりですし、記事数も20程度、PV数もほぼ0なのでおそらく著作権や肖像権に気を付けつつ、普通のサイトであれば審査は通るのではないかと思います。

審査中は記事の投稿もあまりしていませんでした。

Google関係のコードを貼る位置

私は完全に初心者なので結構苦労しました。

なにより使用テーマであるLuxeritas(ルクセリタス)での情報が不足しており、初心者には少し難しかったです。

Luxeritas(ルクセリタス)さんは優しいので、よく見ると書いてくださってます。

一応詰まったところをご紹介

Google Analytics(グーグルアナリティクス)のコード位置

クロールやサイトマップの反映に少し時間がかかりましたが、ほっとけばやってくれました。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とGoogle AdSense(グーグルアドセンス)のコード位置

今は自動広告のコードを貼りつけてますが、ここに所有権のコードや審査コードを連続でぺたぺた貼っていけばなんとかなりました。

前述の通り、Google Adsenseはコードを貼ってからかなり時間がかかりました。

Google AdSenseの自動広告について

審査通過メールと同時に知った新サービスみたいですね。

早速導入してみると、あちこちに広告が出てきました。

しかし、既存の広告コードと併用可能ということなので、手動+自動でやっていこうと思います。

AI様が学習もするとのこと。

どうせほぼ0PVで収益もあるわけないので、とりあえず泳がせてAI様に学ばせ、数か月後に適度な場所、数で広告が配置されていればいいなといったところです。