【MHWI:アイスボーン】効率のいい金冠の集め方

MHWI:アイスボーン, ゲームトロコン, MHWI:アイスボーン, 金冠

金冠を集め始めて1カ月弱で無事アイスボーンをトロコンしました。

間違いなく金冠集めが鬼門だと思うのですが、今現在(2019/12/05)救済クエは来ていないので地道に集めるしかありません。

そこで、私は少し遠回りをしてしまったので、終えた後に私が最も効率がいいのではないかというやり方を述べたいと思います。

オンストなどは私の中でゲーム性を否定する気がするのでやりません。

基本は調査クエスト

調査クエには金冠の出やすさがあり、あくまで私の体感だと

歴戦5枠>歴戦4枠=金4枠=導きの地(レベル7)>金3枠>その他(歴戦3枠以下、金2以下、導き、イベクエ、フリクエ)

まずは歴戦4枠、金4枠以上の調査クエに出る対象、非対象モンスターを全て見て怪しいのは全狩りするぐらいの勢いで消化していくべきだと思います。

優秀な調査クエであれば対象外のモンスターも金冠が出やすいのがポイントかなと。

導きの地も悪くはないんですが、ロードの長さ、地帯レベルの関係、敵の体力などを考えると調査クエで終わらすのがベストです。

ちなみに装備を整える攻略の過程で導きの地のレベル7以外にずっと籠っていた時期がありますが、ほとんど金冠付きませんでした。

おそらくレベル7以外はフリクエと何も変わらない金冠確率ではないかと。

なかでも歴戦5枠は別格

歴戦5枠は別格に金冠が出やすく、非対象のモンスターでも金冠が出やすいので、歴戦5枠の調査クエにいるマップ上のモンスターは全狩りした方がいいと思います。

古龍なら一体しかいないので無理ですが、ラージャンとかですとその他2匹マップ上にモンスターが居ます。

かなり金冠の確率が上がります。

目視して違うなと判断したなら別ですが、歴戦5枠に関しては怪しかったら全て狩るべきかなと。

特に多頭クエの歴戦5枠だと、モンスターの一匹あたりのHPが少ないので非常に嬉しかったりします。

金冠を集めるHRでも歴戦5枠の手持ち調査クエは少ないので、余裕で全モンス狩り消化出来ると思いますし。

また、歴戦5枠に出現するマップ上の全モンスターを狩るだけでもかなりの金冠が集まると思います。

そのためモンスターごとというよりは、マップごとに考えると早いと思います。

例えばトビカガチ亜種の調査クエ持っていなくても、歴戦5枠や金4枠の凍て地ラージャンに隠れてカガチ亜種がいればそれはカガチ亜種の良調査クエを持っているのと同義です。

そうやって自分の持っている優秀な調査クエに出てくるモンスターを把握して、どんどんクエストを淘汰していくのが早いかなと感じました。

クエストから帰還を利用

目的のモンスターを倒した際はクエストから帰還を利用すれば効率がよくなります。

金冠集めの際はアホほど利用します。

間違ってもクエストリセットを選択しないように。

他には捕獲と討伐間違えたり、討伐した後に他のモンスターに殺されてクエスト失敗しても金冠は記録されます。

何回かそのケースあったんですが、問題無く記録されました。

イベクエは最後の手

救済クエ以外のイベクエやフリークエは出ることは出るんですが、調査クエが無くなったら手を出すぐらいでいいかと思います(今のところ、アイスボーンのモンスターは救済クエはありません)

確率があまりにも悪いのでリタマラ繰り返すのもしんどいかと。

ただ、闘技場のイベクエはロードも早いし、自マキを利用して大きさが大体分かるので、調査クエが枯渇した際に限ってはありだと思います。

自マキ(モンスターの移動の速さ)

大きい個体は歩幅がでかいせいか、移動が早く、モンスター移動時に×が付く時間が早いです。

移動パターンが少ないモンスターはそれを利用して、大体の大きさが分かります。

完全に秒数だけを見るのだけではなく、ハマったモンスターなどに関しては自分の戦闘までの行動もある程度一定化します。

そのため、石ころ拾うアクションや痕跡を拾うアクションとかで×がつくタイミングを把握して今回モンスター移動早いなとかぐらいは悲しいことに分かったりします。

目視の仕方

これは完全に人に依るんですが、私は大体後ろ足とハンターの身長で比べていました。

横から見たときと、真後ろから見たときの2通りで判断。

パッと見の大きさと、後ろ足の判断で狩るかどうか決めていました。

身長と比べるときはライが大切なので平らなライのときに比べた方が分かりやすいと思います。

ただ一つ言えることは、怪しかったら絶対に狩ったほうがいいです。

どうかなーっと思って狩ってみたら金冠っていうのが3,4つありました。

使った武器

基本的にヘビィ(貫通、散弾)と弓です。

モンスターによって周回武器は使い分けていました。

近接武器は周回に向かないと思います。

かかった時間や数

正確には分かりませんが、100~150時間ぐらいで金冠コンプリート出来たのではないかと思います。

始めたときはかなりの苦行でしたが、だんだん金冠集めの面白さやコツが分かるようになったので、途中からは楽しくやれました。

闘技場の狩猟数も含まれるので正確には分かりませんが、闘技場にいないモンスターだけ見るとネロの討伐数64が一番かかった狩猟数です。

リタマラもアホ程多いので、かかった時間と狩猟数は当然比例しませんが、目視とリタマラを駆使すればさほど狩猟数が伸びることはないと思います。

ふらーっと救難も気分転換に

結構救難で金冠をゲットしたので、救難の良クエに参加するのもありだと思います。

私は金冠だなと思ったとき、救難信号を上げて結構お裾分けしました。

こういう人に出会って助かったりもしたので、私もやるようにした次第です。

ただ1つだけ言いたいことがあります。

金冠じゃなくても救難に参加したからには最後まで狩りましょう。

こんなもんマナーというかモラルの問題かと。

何回かモンスター見て離脱するとんでもない輩に遭遇しました。

私自身も見た瞬間、こいつ金冠じゃないなと思ってテンションは当然下がります。

しかしちゃんと最後まで狩るのは参加する側の義務だと思います。

また導きの地でホストが放置して金冠集めを他人にやらせるといった輩にも1回だけ出会いました。

わざわざアホ程ロードが長い初期PS4で時間かけていってそりゃないわって思ったし、迷惑なんで絶対にしないでください。

以下、生産性が無い単なる愚痴ですが苦労したり目視で分かりにくかったモンスターの感想を述べたいと思います。

苦労したモンスター

ブラントドス

はっきりいって最後まで大小ともにあまり分かりませんでした。

何より雪の中にいるから引っ張り出さんと分からんっていう…

クラッチで雪の中から引っ張り出してイチイチ見ていた時期もありましたが、体力が少ない雑魚なので面倒くさくなってほぼ全狩りしました。

バフバロ

全部デカいので目視してもいまいち分かりません。

足で判断して怪しかったら狩っていました。

ドビカガチ亜種

鬼門です。びっくりするぐらい出ませんでした。

そのうえサイズ感も全く分からないうえに調査クエも持っていない。

もう考えるのが面倒くさくなり、凍て地に行った際には必ず覗いてサイズ確認もせず全狩りしました。

パオ亜種&プケプケ亜種

サイズ感は分かりにくいですが、基本的に雑魚なので何も考えずもくもくと何かのついでに全狩りしていたら揃いました。

ベリオロス

鬼門です。最小も最大もとにかく出ませんでした。

サイズ感がイマイチ分からないので、結果ほぼ狩りました。

最大はびっくりするぐらいでかく、PS4の処理速度とスピードがついていっていなかったのですぐに分かると思います。

最小は最後まで分からなかったので怪しいのを狩っていました。

ナルガクルガ

私はハマりました。

銀冠でも結構でかいのでサイズ感がつかめず、最大で苦労しました。

調査クエも枯渇したので、最終的にイベクエ自マキで最大を出しました。

ハンター達の永い夢Ⅲの自マキ51秒台で金冠出ました。

ディノバルド&ディノバルド亜種

足の比較で大体分かります。怪しいの狩りました。

ただ亜種は瘴気にしかいないので、アイスボーンに瘴気のモンスターが少ないため、調査クエ不足に陥りました。

ティガ&ティガ亜

結構デカくても銀冠更新が続いて苦労しましたが、でかそうなのを狩りました。

足が短くてサイズ感が分かりにくい。

ブラキディオス

最大で苦労しました。足で判断して怪しいの狩りました。

凍て刺すレイギエナ

これは寝床で寝てるサイズを見るとある程度分かります。

登って左で寝ている場合、尻尾が岩に突き刺さっていると金冠チャンスです。

接触してるぐらいだと金冠は取れませんでした。

登って右で寝ている場合は尻尾が頭より高ければ金冠チャンスです。

こういった基準があるんで分かりやすいんですが、如何せん最大個体が全く出現しませんでした。

リタマラもアホ程繰り返し、凍て地のクエの際は常に睡眠中の様子を伺いにいきました。

岩に突き刺さっていても中々金冠が出なかったので結構きつかったです。

オドガロン亜種

後ろ脚の真後ろに立てばトゲか毛の位置で分かりやすいです。

紅蓮バゼルギウス

最大は苦労しました。なにせどれもデカい。

調査クエが枯渇して、結局イベクエ自マキで取りました。

右側2回目のバツ印が31秒台より早ければ金冠チャンスです。

ただ32秒台のときに狩っても金冠出ずに、31秒台で狩ったら金冠が出たので必ずしも自マキが当てにならないと思います。

結果31秒台も全狩りしました。

50回ぐらいリタマラしたかと思います。

死を纏うヴァルハザク

最大で苦労しましたが、大きめの怪しいのを狩っていました。

結局救難で取りました。

ネロミェール

最大がアホ程ハマりました。

最後まで残ったモンスターです。

調査クエストも枯渇し、痕跡集めしては枯渇してで嫌になりました。

歩数計測法で移動して着陸して右足から数えて14歩で止まれば最大という便利な方法があるにも関わらず、全くその個体が出ませんでした。

最後つっかかるようになる14.5歩が多すぎます…。

勿論それらをアホほど狩りましたが金冠は出ませんでした。

結局導きにお邪魔して取りました。

悉くを滅ぼすネルギガンテ

これといって測定も難しく、最小で困ったので怪しいのを狩りました。

ジンオウガ

サイズ感が分からんすぎて、ほぼ全狩りしました。

イャンガルルガ

鬼門です。

歴戦クエが無いので、古代樹に行くときは常にいるか気に掛けたほうがいいと思います。

ただサイズ感は足のトゲで判断すれば分かりやすいので、そこまで狩猟することはないと思います。

傷ついたイャンガルルガ

鬼門です。

ノーマルとは逆パターンで歴戦しかないので圧倒的に調査クエの不足に陥ります。

私は結局人様の導きの地で取りました。 その外人さん森林地帯レベル6だったんですけど、多分お裾分けでしょうねあれ。

感謝です。

サイズ感は足のトゲの位置で判断すれば分かりやすく、最大はリオレウスぐらいデカかったです。

ただかなりの強キャラで、救難などではクエスト失敗も見えてくるので、乙数に関係なく私は絶対にネコの生命保険を付けて参戦しました。