【W杯】ベスト8が一番面白いとは何だったのか…今後の展開

2019年6月2日スポーツ, サッカーW杯, ベスト4, イングランド

ロシアW杯も決勝(07/16)まで残り1週間となりました。

ベスト4をかけた戦いを簡潔に振り返りつつ、今後の展開を占っていこうかと思います。

フランスVSウルグアイ

予想通り、終始フランスが推す展開。優勝回数2回を誇る古豪ウルグアイも前の試合2得点を決めたカバーニがいないとなるとどうしても迫力不足の感は否めない。

現代サッカーにおいて、人口350万人しかいない小さな国がここまでよく頑張ったと正直思います。

結果は予想通りフランスが2-0で勝利。

ブラジルVSベルギー

ブラジルがもう少し健闘するかなと思いましたが、ベルギーが強さを見せつけました。

以前の記事でも書いたんですが、ネイマールがエースというチームではW杯優勝は難しいのではないでしょうか。相変わらず、物足りない感がありました。

普段の痛いンゴ痛いンゴのツケのせいか少しジャッジも辛めでした。

結果は2-1でベルギー。明らかに日本戦より動きがよかったです。

日本「しっかり暖めておいたぞ!」

スウェーデンVSイングランド

こちらも大方の予想通りイングランドが2-0で勝利。

特に見所もありませんでした。

ロシアVSクロアチア

この試合が一番面白かったです。

ロシアが粘る粘る。延長に1点ずつ加えて結局PKまでもつれ、結果はクロアチアの勝利。

まさかこの試合がここまで面白いものになるとは思いませんでした。

史上最弱の開催国などと揶揄されたロシアですが、この大会非常に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。どの試合も楽しかったです。

地の利というものを素晴らしく活かせたいいチームだったと思います。

正直、ロシアVSクロアチア以外、試合としては非常に微妙でした。

順当に勝ち上がった感はあります。

よく、CLでも高校野球でも トーナメントはベスト8が一番面白いと言われています。

しかし今回はベスト16の方が面白かったです。

私個人としては常にベスト16の方が面白さを感じているような気がしないでもありませんが。

大会始まる前はやっぱドイツが強いんだろうなぁと思っていましたが、蓋を開けてみるとあっさり敗退。

負けた原因は朝までゲームをしていたという謎記事も出る始末。もはや訳の分からん叩かれ方をされてます。

グループリーグが終わった際に、「どこが優勝すると思う?」というありきたりな質問をされたので、イングランドと答えたのですが今のところ順調です。

おそらく今の段階では大多数の方が

ベルギー>フランス>イングランド>クロアチアの順に優勝を予想する人が多いと思われます。

・グループリーグで余力を残せた
・強豪国が少ないブロックに入った
・ジェラードやランパード世代からの世代交代がうまくいっている
・プレミアリーグからしか選んでないおかげか、若いケインを中心にまとまっているようにみえる
・若いチームは勢いがあると強い

などイングランドは個人的にポジ要素が多いように感じます。

世界屈指のプレミアリーグを有するサッカー発祥の地であるイングランド。

優勝予想というより、そんな国が 母国開催のW杯でしか勝っていないというのも恰好つかない気がしないでもありませんし、そろそろ2回目の優勝をして頂きたいという個人的願望しかないんですが。

今後はベルギーとフランスが潰しあうっての大きいと感じます。

ということで、イングランドを応援しつつ残り1週間楽しもうと思います。