【ブログ】末尾に/amp/ページと?amp=1の2つのAMPページが出来てしまった

Luxeritasで作ったAMPページの末尾が/amp/

Cocoonで作ったAMPページの末尾が?AMP=1

さて。こんな間抜けもなかなかいないと思うんでね。どうしたものか。

したいことは古いAMPページを削除して、新しいAMPページと正規ページを残したい。

当然今Cocoonを利用しているので ?AMP=1の方はページを閲覧できるんですけど、/amp/のページは見れません。

サーチコンソールの管理画面でページがありませんってアホ程エラーが出てます。

ちょっと前に全てのページの/amp/のAMPページの存在をGoogleさんに認めてもらったばかりなんですが、今度は全てのページの?amp=1の存在を認めてもらわなければいけない。

これはちょっとGoogleさん側のキャッシュに関わると思うんで、時間を置いて経過観察をしたほうがよさそう。

とはいえアクセス解析を見たところ、/amp/のアクセスが多くて困ったので/amp/を元の通常ページにリダイレクトする形でとりあえずの応急処置することにしました。

常時SSL化以来のリダイレクト設定な気がします。

Xサーバーの管理画面行って .htaccess 編集画面に行く。

  1. RewriteEngine On
  2. RewriteBase /
  3. RewriteRule ^(.*)/amp/?$ $1 [R=301,L]

Cocoonさんの公式フォーラムを参考にした上記のコードを貼り付ける。

これでとりあえず/amp/のページに行くと、通常ページに飛ぶようになりました。

確認してみたところ、ちゃんと飛んで一安心です。

アクセス解析を見ると、以前よりも古いAMPページにアクセスしている方は少なくなってきてはいますが、古いAMPページにランディングした方がちゃんとリダイレクトされているので当分これで様子を見てサーチコンソールで後日確認していこうかなと思います。

一応Googleさん公式ガイドには以下にように書いてあります。

AMP ページのみを削除し、正規の非 AMP ページは保持する

ここでは、Google 検索結果から AMP ページのみを削除し、正規の非 AMP ページは引き続き保持する方法について説明します。注意: ファイルからコンテンツを削除するだけでは、AMP コンテンツを削除したことになりません。マークアップがない空のドキュメントは無効とみなされます。Google 検索では、ドキュメントが無効であると認識されると、利用可能で有効な最も古いバージョンが引き続き表示されます。

Google 検索結果からページの AMP バージョンのみを削除し、正規の非 AMP ページは保持する手順は次のとおりです。

1. ソースコード内で、正規の非 AMP ページから rel="amphtml" リンクを削除します。

2. 削除した AMP ページの応答として HTTP 301 Moved Permanently または 302 Found を返すようにサーバーを設定します。

3. 削除した AMP ページから正規の非 AMP ページへのリダイレクトを設定します。

4. AMP ページを Google 検索結果から削除するだけでなく、Google 以外のプラットフォームからも削除する場合は、次の手順を行います。

AMP ページを削除します。削除した AMP ページの応答として HTTP 404 Not Found を送信するようにサーバーを設定して、そのページにアクセスできないようにします。更新されていないコンテンツが Google AMP キャッシュから他のプラットフォームに配信されないようになります。

Google AMP キャッシュを更新して、AMP コンテンツがキャッシュから削除されたことを確認します。

Google 検索でコンテンツを検索して、AMP ページが削除されたことを確認します。多数の AMP ページを削除した場合は、Search Console の AMP ステータス レポートを使用して確認します。「インデックスに登録された AMP ページ数」のグラフで下降トレンドラインを確認します。

パーマリンクを引き続き有効にする場合は、削除した AMP ページの HTTP 301 Redirect を正規の非 AMP ページに送信するようにサーバーを設定します。

Google 検索デベロッパー ガイドより

この通りやろうと思ったんですが、キャッシュの削除リクエストを1ページごとに送らんといけんのんかなぁーと思ってあまりにも面倒くささを感じてしまったので、リダイレクトだけしてとりあえず様子見をしようかなと思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました