【ゴルフ】サングラスで健康を守る。スコアアップは微レ存

私はゴルフをするときはサングラスを絶対にかけます。必需品です。

理由はシンプルにただただ眩しいし、健康のためです。

スコアに関しては、芝目やアンジュレーションが分かってパットが入るようになるとかいう都市伝説もたまーに聞きます。

実際のところ、プロもグリーン上で外している人多いし多分関係ありません。

むしろわざわざ外す人もいるぐらいだから下手したら邪魔なんじゃないかと思ってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サングラスをかけるメリット

サングラスの効用としては

  • 紫外線から目を守る
  • 眩しさを軽減させてプレイに集中しやすい

紫外線から目を守る

紫外線から目を守るというのは非常に大事なことです。

ゴルフ場に行ってみるとオール芝

直接太陽から目を守ることは勿論ですが、芝からの反射も半端ないです。

スキーとか行かれる方は雪の反射の凄まじさについてご存知だと思いますが、ゴルフ場も似たようなものです。

長年ゴルフをやられている方で白内障になったという方も知り合いでいます。

因果関係は不明ですが、その人曰く、ゴルフ帰りの運転のトンネルで視界がおかしくなったとおっしゃっていました。

眩しさによるストレス

眩しいと単純にストレス感じます

その分、疲れもたまりやすくなり、集中力も下がります。

ティショットやグリーン方向に太陽があるとそれだけで狙いにくいです。

そういったことも防げるようになります。

サングラスをかけるデメリット

正直あんまりないんですが、愛想が悪く見えることぐらいですかね。

後はサングラスかけているのに下手だと少し恥ずかしいぐらい。

多分言い訳の一つなんでしょうけど、サングラスをかけるとダフリやすくなるという話をする人もいますね。

まぁ技術が足りてないだけなんでしょうけど。

私はゴルフの際、常にサングラスをかけていますが、そう感じた経験はありません。

もしかしたら慣れていない人は、ボールとの距離感や見え方が変わってダフリやトップのミスが出やすくなるのかもしれないってぐらいだと思います。

また、雨や曇りのとき、なんか今日暗いなぁと思うことがよくあります。

山は天気が変わりやすいので、晴れていたのにすぐ曇るとかざらです。

そういったとき外すのを忘れてかけっぱなしにしていると、少し暗いと感じるかもしれません。

私は面倒なので、目に雨が入らないからいいやと思って常にかけっぱなしです。

芝目やアンジュレーションが分かる

近年、ゴルフ用サングラスが発売されています。

芝目やアンジュレーションが分かりやすいそうです。

正直な話、私程度の腕ではサングラスをかけたところで分かりません。

確かにすごく晴れていて、グリーン一面真っ白な時とかは確かにかけているほうが分かりやすいです。

なにせかけないと真っ白で何も見えませんから。

しかし至って並の状態では正直あまり違いを感じることはありません。

個人の感じ方によるところが大きいのでしょう。

偏光について

ゴルフのサングラスが偏光かそうでないかについてはかなり意見が分かれています。

釣りの場合は間違いなく偏光がいいんですけどね。

逆にロードバイクとかだと、道路上にある水の有無が分かりにくいため、転倒防止のため偏光ではないほうがいいと聞きます。

ゴルフの場合は偏光の方がいいという意見がかなり多いですが、両方のサングラスを持っている私としてはどちらでもいいです。

プレイ中、あまり気になりませんし、ゴルフの場合、特に我々アマチュアはそこまで拘る点ではないのではないかと思います。

ゴルフ用以外のサングラスが偏向か偏向じゃないかで持ってない方買っとけばいいと思います。

レンズやフレームについて

これ、大事です。必ず自分の持っているウェアと相談して購入しましょう。

プロと違って我々は服に合わせて何個もサングラスまで買えませんから。

またレンズによって好きな見え方があるので、自分が落ち着く色を選ぶといいでしょう。

フレームについても汗をかいて動くのでゴムっぽくてズレにくいスポーツタイプのフレームを選ぶとよいでしょう。

レンズの強度に関してはゴルフボールが当たっても割れない強度があれば大丈夫だと思います。

まとめ

  • ゴルフのスコアアップにサングラスはあまり関係ない
  • 目の安全とストレスをかけないことが目的
  • 選ぶならスポーツタイプで自分のウェアにあったもの

私はオークリーのサングラスを愛用しています。

何も不満はありませんが、ちょっと高いなと感じるぐらいです。

ただオークリーはレンズが簡単に変えれますからレンズは2枚持っています。

耐久性は結構使って5年ぐらいでレンズが剥げてきたのでレンズだけ交換しました。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました