【ゴルフ】初心者がクラブを買う際の注意点(全て揃える必要は無い)

ゴルフ, スポーツゴルフ, 初心者, ゴルフクラブ, アイアン

初心者はゴルフクラブを買いに行く際、クラブの種類が多すぎて何を買っていいか分からないと思います。

そのためゴルフに明るい人と一緒に買いに行ってください。

もし周りにそういった方がいなければ、店員と簡単に相談出来るぐらいの知識は頭に入れておいたほうがいいでしょう。

キャディバッグには14本入れることが出来る

ゴルフクラブはキャディバッグにパター込みで最大14本入れることが出来ます。

勿論、14本きっちりと揃える必要はありません。

「俺はパターしか使わねぇ」といった謎の漢気溢れる方はパター1本でラウンド回っても問題ありません。

一方「どのドライバー振っていいか分からん。色んなの持っとこ!」という心配性な方はドライバーを5本入れても何も問題ありません。

さて、少し現実味のある話をすると14本自由に入れられるのですが、実際には10本前後はもう決まっています。

ゴルフクラブの種類は

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(FW)
  • ユーティリティ(UT)
  • アイアン
  • ウェッジ
  • パター

他にもチッパーとか色々存在しますが、基本的にはこの6種類です。

初心者が買うべきクラブの種類

そこでこの中から、ほぼ全員が入れるクラブかつ初心者が買うべきクラブは

  • ドライバー
  • アイアン(5I~PW)
  • サンドウェッジ(SW)
  • パター

この4種類です。

少し暴論ですが、初心者はこの4種類だけ買っておけば問題無くラウンドを回れると思います。

ドライバー、サンドウェッジ、パターが各1本。アイアンは5番~ピッチングウェッジ(PW)のセット売りが多いので5.6.7.8.9.pwの6本でこれで計9本です。

残り5本は何を入れるのか?

別に入れなくていいと思います。

一般的には残り5本はフェアウェイウッド、ユーティリティ、ロングアイアン、ウェッジを入れるのですが初めは必要ないと思います。

なぜなら長いクラブはどうせ振っても当たらないし、飛ばないからです。

フェアウェイウッドやロングアイアン振ったところでコロコロと転がっていくだけでSWをトップさせた方がよく飛びます。

持っているだけで用途がありません。

残り5本はいつ入れるのか?

ゴルフをやっていけば自ずと上達していくので必要になったら追加していけばいいんです。

ゴルフが面白いかどうかも分からないうちに買う必要は無いと思います。

やっていくうちに自分が振りやすいクラブの種類や足りない距離が分かってきます。

そのうち4番アイアンの距離打ちたいときにクラブを追加する時が来るでしょう。

その際、UTにしようか、それともアイアンにしようか、シャフトはどうしようかなどといったことを考えることが出来るようになります。

それが判断できるようになって追加しても全く遅くありません。

最終的には14本間違いなく埋まります。むしろ足りないぐらいです。

どうしても9本では嫌という人

『クラブ本数少ないなんてそんな恰好悪いこと出来ないよ』なんていう方。

むしろそちらの方が多数派でしょう。

そんな人は上記のクラブにフェアウェイウッド、ユーティリティ、アプローチウェッジの3本を追加して計12本で止めておくのが無難です。

それでもやっていくうちに

  • 『FWは3番買ったけど5番がいいな』
  • 『UT4番あるけど4番アイアンの方がいい』
  • 『ウェッジのクラブ間バランスが悪い』

などといった不満が出てくると思います。

それでも後2本追加出来る余裕があるので、そのときに2本何を入れるか熟考すればいいでしょう。

アイアンは高くていい物を買う

これだけは声を大にして言っときます。

アイアンだけはいい物を買いましょう。

ここはケチるところじゃありません。

安い初心者用クラブの場合

なぜかというと、安いアイアン使っているとゴルフに飽きます。

飽きるというよりハマらないといった表現の方が適切でしょうか。

打感も良くないし当たっても大して気持ちよくありません。

たしかに安い初心者用アイアンを使っていると、ミスには強いし、それなりボールは飛んでいきます。

ラウンドに行ったときにスコアはそれなりにまとまる可能性は高いでしょう。

ただそれだけなんです。

自分がミスしているかどうかも分かりにくいし、会心の当たりでも打感はイマイチ。

なんとなく当たったらそれなりに飛ぶから己の下手さを知る機会も失い、ゴルフの練習も捗りません。

明らかに上達の妨げになります。

高い中上級者用クラブの場合

その点、いいクラブだと芯に当たったときの気持ち良さが残ります。

この何ともいえない快感を得たいがために練習に行くようになります。

上級者用は芯も狭いし、ソール幅も狭いしミスには全く優しくないのですが

『今のはちゃんと当たっていいショットだったよ』『今のは駄目だな』

といったことを打ち手に伝える力を持っています。

逆を言えば、全く上手くいかないのでゴルフに嫌気が差してしまうかもしれません。

しかし、その程度でやめてしまう人間は何をやったところでその程度の人間なので、どのクラブを使おうが大差無い気がします。

顔がいいクラブを買う

初心者は試打してもイマイチ分からないので、結局どれを買っていいのか分からないと思います。

初心者の決め手はゴルフメーカーのブランドイメージと構えた時のクラブの顔です。

ブランドイメージもゴルフをある程度やっていないとイメージも何もあったもんじゃないので、結局は顔付きということになります。

古閑美保プロが『男とクラブは顔で選ぶ』と以前おっしゃっていましたが、私も同じ考えです。

まずは顔とメーカーで選ぶ。その後、試打して決めます。

女性と一緒です。まずは顔と雰囲気。その後に性格が合う合わないで決めていきます。

雑にまとめると

『高くて顔のいい中上級者用のアイアンを買って、クラブ総本数は9本~12本が適切』

というのが個人的な考えです。

アイアン以外のクラブは本数が少ないので簡単に買い替えることも出来ます。

それにドライバーなどは結構癖が強いので合う合わないがあり、今後買い替えていくことが多くなると思います。

そういった意味でもあまり取り替える機会がないアイアンだけはいい物を買ったほうがいいと思います。

もし買った高いアイアンセットが気に入らなければ、それなりの値段で買取、下取りをしてくれるので万が一外してもダメージは少ないでしょう。