【PS4】NBA2K20のマイキャリアを初心者なりに攻略した

NBA2K20がフリプできたのでやってみたんですが、奥が深くなかなか難しいです。

16以来のNBA2K。

素人で操作もまだ全然慣れていません。

マイキャリアから始めたのですが、ようやく一年終えて無事にプレイオフを全勝してファイナルMVPもゲットしNBAを制覇しました。

そこで超初心者の私でもマイキャリアを簡単に攻略出来る方法があったので、述べたいと思います。

初心者なんでビルドとか考えずに選手作成した結果、SFのオールラウンダーの器用貧乏の選手になりましたが、このアフロ君に愛着も沸いてきたのでそのままプレイして制覇しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひたすら速攻を狙う

DFリバウンドを無視してひたすら速攻を狙います。

敵がシュートを外すのを期待しながらカウンター攻撃をしかけます。

スラムダンクでいうところの流川です。

手順としては

①リングにボールがはじかれる前に攻撃方向にダッシュを始める

②味方がリバウンド終えたころにパス要求

③レイアップやダンクを決める

正直ガチ初心者の私でもこれだけで何とかなりました。

これに気付くまではDFリバウンドをとってもう敵チームが戻っているのでハーフコートのセットオフェンスを強いられ、中々成果があげられませんでした。

しかし速攻に気付いてから試合時間1Qを5分に設定していても30得点、5アシストにチームメイト評価Aは当たり前になりました。

マイキャリアの初期は能力値も低く、動きも遅くてなかなかDFをかわせません。

そのため、ハーフコートでバスケを組み立てるのが初心者にはかなりハードルが高い。

そこでそれを全て無くすことが出来たのがこの速攻です。

DFが一人ぐらい戻っていてもエンドラインに沿って大回りしてダンクを決めることが出来ます。

2人ぐらいいるときついんですけど、そこはパスを裁いていれば味方が勝手に決めてくれます。

慣れてくると強引にレイアップに持っていきファウルも貰える方法も生まれてきます。

速攻による得点、ダンクによるファン数増加、アシストによる得点のためチームメイト評価もうなぎ上りと悪い点が全く見当たりません。

たまに駄目なパス要求がありますけど、そこまで評価下がりませんし場所をちょっとずらして要求すればくれるので全く問題ありません。

速攻を止められたらとりあえずスクリーン

速攻を止められて、アシストもうまくいかずにどうしてもハーフコートのセットオフェンスを強いられることになったらとりあえず〇ボタンでスクリーンしとけばなんとかなります。

スクリーンによるチーム評価はかなり高めです。

良いスクリーン、スクリーンアシストは勿論のこと、スクリーンして適当にパス要求してシュートを決めるとスクリーンアシスト+得点でいいことしかありません。

慣れてくるとL1で味方にスクリーンにしたりする方法など駆使できるのですが、初めはそれも難しかったのでとりあえずスクリーンしとけってなりました。

ゴール下でOFリバウンド争っているときも味方がOFリバウンドを取ったらゴール下でスクリーンしとけばスクリーンアシストなど勝手につくことがあります。

もはや何もしてないので評価だけもらう単なる小判鮫です。

3秒バイオレーションに注意するぐらいです。

ディフェンスはマークマンから離れないだけ

DFに関してはマークマンから離れずスタミナを減らさないようにたまにL2押して厳しくDFするだけです。

DFリバウンドには参加せずにひたすらゴールに向かいダッシュします。

自分のマークしている相手がボール運びをしているときは、結構センターライン付近では油断しているのでセンターライン付近でスティールを狙うと簡単に取れたりします。

取ったら勿論速攻。

取れなくてもバックコートバイオレーションが取れたりと何かと捗ります。

慣れてくると自分以外がマークしている敵ボールも自分の近くを通ったときになんとなくスティールできるようになりました。

初心者は強いチームに入るべし

初心者は強いチームに入るべきです。

なぜかというと、この速攻作戦を使う際にリバウンド取得率が全く違います。

やはりスラムダンクのゴリばりに信頼できる味方が必要なんです。

さらに3Pややや強引にシュートに持っていき落とした場合、OFリバウンドも簡単に取ってくれます。

私はミーハーなので1年目はレイカーズでやったんですが、表紙にもなっているスーパースターのアンソニーデイビスさんがリバウンド取りまくる上にブロックショットも連発してくれるので何かと速攻が捗りました。

また、ハーフコートのセットオフェンスも出来ないので、とりあえずレブロンに渡しておけば勝手にアシストが付きます。

もう速攻止められたら小判鮫になるしかないんで本当に助かりました。

才能が無い者は才能が有る者に寄り添って漁夫の利を得ることしか出来ないのです。

一年目終了後、契約交渉で揉めて2年目はハーデンとウェストブルックに憧れロケッツに移籍したんですがDF面でかなり差を感じました。

強いチームでやるデメリットはスタメンを取るまで少し時間がかかり、新人王を取り損ねることぐらいかと。

特に右も左も分からずに何となくプレーして新人王も狙っていなかったので私はさほど気になりませんでした。

取るべきバッジ

フィニッシュバッジは「コンタクトフィニッシャー」と「なめらかなフィニッシャー」

シュートバッジは「レンジエクステンダー」と「クイックドロー」

プレイメイキングバッジは「クイックファーストステップ」

ディフェンスバッジは「ピックポケット」

プレースタイルにもよりますが、これらのバッジを取得していけば速攻初心者には問題ありません。

以上になりますが、操作に慣れていない初心者でもこれで余裕で勝利することが可能になると思います。

そろそろマイキャリアも飽きてきたので一旦放置してマイチームでもやろうかなと思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました