【MHWI:アイスボーン】シルソルとムフェト一式を比較検証してみた(水冷ライト:対ムフェト用)

2019年12月20日MHWI:アイスボーン, ゲームMHWI:アイスボーン, シルソル, ムフェト一式, 水冷ライト

ムフェト・ジーヴァの周回武器は何がいいのか色々試している最中なんですが、今のところライトが楽なんでライトのスキル構成を比較してみました。

その際、ちょっとスキルで悩んだので覚醒水ライトを2本作って試してみました。

属性を活かすために、シルソル(銀火竜の真髄)とムフェト一式( 真・龍脈覚醒 )のどちらを採用するかということなのですが…

結論から言うとムフェト一式です。

作るのはシルソルの方が遥かに大変だったので徒労に終わったことが悲しいですが、一応自分用のメモとして残しておきます。

スキル構成はムフェトを狩る想定でのビルドです。

シルソル(銀火竜の真髄)

カスタムは属性2

覚醒能力は会心なので与ダメに無関係。

スキルで与ダメに関係するのは水属性攻撃強化6と超会心2。

こちらをトレーニングモードの柱で試すと6セット分撃って692。

1セット平均115ぐらいでした。

ムフェト防具一式

カスタムは属性2

覚醒能力は攻撃力Vを3つ

ダメージにつながるスキルは水属性強化6と超会心3と逆恨み2

トレーニングモードで柱を撃ってみると6セットで892

1セットあたり150ちかく出てます。

ちなみにカスタムを属性攻撃と属性属性の両方で試してみましたが、ほぼ差がなかったので、防御を1つ積める属性属性を採用しています。

まとめ

一発あたり115と150では明らかにムフェト一式の方が火力が出ることがわかりました。

銀火竜の真髄シリーズを覚醒能力で付けるのが大変なうえアイテムも大量に使ったので、お手軽に作れるムフェト一式の方が火力を上回ったことにショックを覚えております。

なぜか流水珠Ⅱを所持していなかったので完璧なビルドではないのですが、シルソルの方は後は盛れて見切り5→7にする程度。

一方、ムフェトの方は攻撃4や逆恨みも盛れるので与ダメにまだまだ伸びしろがあります。

そのため、ムフェト一式の方が明らかに火力が出ると思われます。

シルソルと違ってムフェトは会心を盛らなくていいからでしょうか。

それを考慮してもムフェトの方が明らかに強いので、今までシルソルで周回していたのでちょっとショックです。

強いてデメリットを上げるとすれば、体力が減っていくので安定感がないことぐらいです。

PS磨けば何とかなるでしょう。

また、今回の検証で属性依存している弓のビルドも大幅に変わるんじゃないかと思ったので弓も見直す必要性を感じております。

一応雑ですが、トレーニングモードの柱を撃っている動画を載せておきます(前半がムフェトで後半がシルソル)